http://oceans.tokyo.jp/2017-1025-6/

スニーカー世代に贈る、“ハイブリッド感覚”という新提案

このエントリーをはてなブックマークに追加

スニーカー世代の我々にとって、ただクラシカルなだけのスニーカーは退屈だ。でも、先鋭的すぎるのも正直、二の足を踏んでしまう。ならば、トップセブンが提案する新作スニーカーを。大人としての落ち着きと、うれしい機能を両立させた独自の“ハイブリッド感”が、足に心にフィットするハズだ。


つまりは、いいとこ取り。それがハイブリッドの魅力


アッパーにはナッパレザーを、インナーにはネオプレン素材を採用することで、落ち着きのある見た目に加え、フィット感の向上や着脱のしやすさといった機能性も搭載。紐を緩めずとも脱ぎ履きでき、“スリッポン感覚”な付き合いやすさがありがたい。カラーバリエーションはホワイト、ブラック、ダークブラウンと使いやすい基本色をラインナップ。上品さと実用性をセンス良く融合させた秀品だ。1万6000円/トップセブン(チャンス 072–726–9092)


“ハイブリッド感”と定番ボトムスの相性検証

検証1:デニムを使った“いつもの”スタイルに

ニット9000円/ビーミング by ビームス(ビーミング ライフストア by ビームス コクーンシティ店)、デニム3万2000円/ノンネイティブ×ピルグリム サーフ+サプライ(ピルグリム サーフ+サプライ)

“ハイブリッド感”のあるスニーカーとはいえ、ゴツさや派手な装飾がないのでシンプルなデニムスタルともマッチし、ご覧のように“いつもの感じ”で自然に馴染む。色落ちデニムの褪せたブルーとダークブラウンの配色もいい感じだ。スニーカーは上を参照。

この履きやすさがありがたい
ネオプレン素材のインナーブーティ構造が靴紐を緩める、あの煩わしさから解放してくれる。脱ぎ履きを容易にしてくれるヒールタブもナイスなディテールだ。



検証2:リブパンツを使ったモードなスタイルに

コート7万1000円/サイベーシックス(マスターピースショールーム)、Tシャツ7800円/ピルグリム サーフ+サプライ、パンツ7600円/オークリー(ミラリ ジャパン)

テック素材のリブパンツは、スポーティなテイストで“ハイブリッド感”と抜群の相性の良さを見せる。しかも、スニーカーのベースとなるのはあくまで品のあるナッパレザーなので、スポーティになりすぎず大人っぽさをしっかりと確保する。スニーカーは上を参照。


検証3:スラックスを使ったトラッドなスタイルに

ブルゾン4万6000円/バラクータ(スープリームス インコーポレーテッド)、ニット2万7000円/スリードッツ(スリードッツ青山店)、パンツ3万2000円/GTA(八木通商)、メガネ3万2000円/掌×ポーカーフェイス(ヌーヴ・エイ アイウェア)

スラックスにスウィングトップを合わせたトラッドな装いにも、上品なアッパーのおかげですんなりハマる。アッパーと履き口の色が黒で統一されているので、よりまとまりのある仕上がりに。スニーカーは上を参照。


ブーツみたいなスニーカーもオススメだ

トップセブンのロングセラーモデル「TS-236 SU」。レザーブーツのような重厚感とスニーカーの軽快さを併せ持つ、こちらもハイブリッド感覚なスニーカーだ。ハイカットでも脱ぎ履きしやすいように、内側にジップを配したオッサン想いのディテールはトップセブンらしいデザイン。定番のチャコール(右)に加え、今季はベージュ(中)とブラック(左)が登場。各1万6000円/トップセブン(チャンス 072–726–9092)

[問い合わせ]
トップライン代官山店 03–5784–3339
トップセブン吉祥寺店 0422–29–0092
トップライン神戸店 078–321–4192
チャンス 072–726–9092
www.topseven.jp

清水健吾=写真 諸見里 司=スタイリング 益江みき=ヘアメイク 髙松尚宏=文

このエントリーをはてなブックマークに追加
スニーカー , トップセブン , ハイブリッド
革靴にまだ主役の座は渡さない。注目の新作スニーカーが冬も熱い!
2017.11.20
お馴染みのあいつが見たことない姿で。名作のアニバーサリーモデル
2017.11.16
自由自在のカスタマイズで、自分だけのオンリーワンスニーカーを
2017.11.15
やっぱりラクなほうがいい! コンフォート追求系スニーカー!
2017.10.27
2017年12月号
2017年12月号 / FEATURE