http://oceans.tokyo.jp/2017-1023-1/

アルファロメオの本懐と挑戦をこの2台に見る

このエントリーをはてなブックマークに追加

いよいよ新生「アルファ ロメオ」が本格始動する。こちらの2台はその象徴ともいえるだろう。同社の本懐がヒシヒシと感じられるラグジュアリーサルーン=“GIULIA”、そして、新たな挑戦のアイコンとして期待を集めるSUV=“STELVIO”に注目である。


「アルファ ロメオ」の“ジュリア”

好事家たちに愛された往年の名車が40年ぶりに復活した。その名もイタリアの令嬢、“ジュリア”である。

4ドアセダンの新型は「BMW 3シリーズ」や「メルセデス Cクラス」といった最多販売車をライバルに、446万〜1132万円という戦略的な価格設定。心臓部は2ℓ4気筒と、2.9ℓ V6。いずれも過給機と8速ATとの組み合わせだ。色気のあるルックスと盾型グリル、吹け上がりのいい官能的エンジンの復活。これこそがアルファの本懐と呼べるのだ。


「アルファ ロメオ」の“ステルヴィオ”

40年振りに復活した注目作をよそに、早くも同社から次なる挑戦が発表された。それがブランド初のSUV“ステルヴィオ”である。こちらは、来年にも発売を予定しているという。


「アルファ ロメオ」の本気がうかがえる2台。“ステルヴィオ”はただただそのリリースを待つしかないのだが、本懐と挑戦、どちらもあっぱれだ。しかし、僕ら世代としてはやはりSUVが気になるかな〜…。

このエントリーをはてなブックマークに追加
SUV , アルファ ロメオ , セダン
SMLで用意。SUVのサイジング問題に名解答は出せるのか?
2017.10.04
アンダー300万円!お小遣いで買う、オープンカーという名の究極玩具4選
2017.01.23
リクエスト別にご提案!アツい“心臓”を持つクルマ10選
2017.06.13
伝統のスポーツカーからSUVまで! タイプ別ポルシェのススメ
2017.02.08
2017年11月号特集
2017年11月号特集 / FEATURE