http://oceans.tokyo.jp/2017-1014-3/

“小さめバッグ”がメンズの旬!「迷ったらコレ」な新作11選

このエントリーをはてなブックマークに追加

今シーズンは小さめのバッグがメンズのトレンドだ。サコッシュ、ウエストポーチ、クラッチ、ミニショルダー、ミニトートなどなど。街に出るときはもちろん、クルマで遠出するときのサブバッグとしても重宝するお手軽バッグ。各ブランドから新作が続々リリースされているが、今回はその中から11アイテムを厳選して紹介しよう。


CHROME HEARTS
クロムハーツ

バッグH15×W39×D8cm 30万1000円、ウォレットH7×W11×D3cm 14万1000円/ともにクロムハーツ トーキョー 03-5766-1081

レザーとシルバーパーツのコンビネーションで、重厚かつラグジュアリーな雰囲気を醸し出すバッグ。確かにサイズは小さいが、ポケットが豊富に備わっていて収納力はなかなかのもの。財布にスマホ、文庫本を入れてもまだまだ余裕がある。持ち方はお好みで。クロスショルダーとして使っても、ウエストバッグとして使ってもOKだ。


FICOUTURE
フィクチュール

バッグH20×W12×D3cm 1万円/スティーブン アラン トーキョー 03-5428-4747、パーカ1万4000円/ピルグリム サーフ+サプライ 03-5459-1690

特殊な溶着処理による無縫製の仕立て。リップストップのコーデュラナイロンと止水ジップを組み合わせ、高い防水性を実現する。サーフをはじめとした水辺のアクティビティで、スマホなど濡らしたくないものを入れておこう。


CITERA
シテラ

H15×W21×D4cm 7000円/ヤマト インターナショナル 03-5493-5651

「移動を快適にする」というコンセプトのとおり、ポケットに収まらないくらいの荷物を入れるのにちょうどいいサイズのサコッシュ。フラップはテフロン加工が施された素材で、撥水&防汚機能も備えている。


MAKE WHAT YOU WILL
メイクホワットユーウィル

H27×W23×D12cm 3万1000円/コレクターズ 03-5428-2632

しっとりとした質感のレザーによる小型クロスボディは、ジャスM.B.のデザイナー、ジャス・センビが手掛ける今シーズン初上陸のブランドのもの。容量も十分で、開口部が広く荷物の出し入れがしやすい。


FURLA
フルラ

H21×W29.5cm 2万4000円/フルラ ジャパン 0120-951-673

ゴリラが総柄でプリントされた、インパクト絶大のデザイン。冒険や旅に着想を得た今季コレクションからの、レザーのドキュメントケースである。トークのちょっとしたツカミにも、なりそう。


ECLETTICO
エクレッティコ

バッグH19×W31×D19cm 7万8000円/エクレッティコ 03-6277-0473、カーディガン3万4000円/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー 03-3473-7007)、パンツ1万9000円/セラドア(エリオポールメンズ銀座 03-3563-0455)

職人の技術とモダンデザインの融合をテーマにバッグ製作を行う、イタリアブランドのミニトート。レザーとキャンバスのダブルフェイスで、リバーシブルに仕立てている。奥さまとも共用できそうな品のいい佇まい。


TEMBEA FOR BEAUTY&YOUTH
テンベア フォー ビューティ& ユース

H21×W24cm 7000円/ビューティ& ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店 03-5428-1893

キャンバス地のトートを得意とするテンベアに別注したサコッシュ。パラフィン加工が施された丈夫なキャンバス地にスキー柄のプリントがキュートだ。


F.CLIO
F.クリオ

H25×W27×D4.5cm 4万7000円/エース 03-5843-0606

アシンメトリーな形状に沿わせたストラップがそのまま本体のマチとなっている作りのレザーサコッシュ。外側のポケットはパンツポケットなどに採用される片玉縁仕様。遊び心あるデザインとレザーの上質さとのバランスが、絶妙。


SAMSONITE RED
サムソナイト・レッド

H11×W40×D1cm 1万円/サムソナイト・ジャパン 0800-12-36910

ストラップがそのままケースになっている、まるでベルトのような「着るバッグ」。リップストップのナイロン地を使用した軽くて丈夫な作り。ギャザーの入ったマチが広がると、収納力もさらにアップするという仕組みだ。主室の両サイドにはジップポケットを装備し、小さく見えても思いのほか荷物が入るやつなのだ。


HOBO
ホーボー

バッグH16×W24×D1cm 1万2500円/ベンダー 03-6452-3072、ジャケット4万8000円/マンド(スタジオ ファブワーク 03-6438-9575)、パンツ2万円/アイディ デイリーウエア(デイリーショップ 03-6416-0755)

デザイナー朝倉秀樹の“モノに対する愛”が商品に滲み出る、東京発の小物ブランド、ホーボー。カウレザーを裏使いして、スエードのような質感を表現している。特別な意匠を持たないシンプルな佇まいから「最低限の持ち物は、無駄なく小さいバッグで」というブランドからのメッセージが感じられる。


ANIARY
アニアリ

H15×W15.5×D10cm 1万8000円/プルーム 03-5793-3224

2つのコンパートメントを持つサイコロ型の形状が斬新なクラッチ(と呼んでいいのかな)。レザーの色みと質感にこだわるアニアリらしく、特殊な加工によって表面がツートーンカラーになっている。マチがあるので角ばった電子機器やグルーミングアイテムを入れるのもいい。使い手の発想力を刺激してくれるバッグともいえる。


たとえば手帳とペン。タバコとライター。文庫本とリーディンググラス。財布やスマホなど身の回りのものと、もうひとつ自分の入れたいものを入れて。なりは小さいけれど、僕らのオフを快適にサポートしてくれるのが“小さめバッグ”なのである。

このエントリーをはてなブックマークに追加
サコッシュ , バッグ
オーシャンズ世代が思わずグッとくるGOODなヤツら【後編】
2017.11.10
この冬のヘビロテ確定! オーシャンズ別注のスペシャルプロダクトを1カ月限定販売。さらに定期購読すると……
2017.10.24
この安心感と流行感! アップデートした男の定番バッグたちの実力
2017.10.20
手放しに「イイね」と思える!優秀すぎる別注メンズバッグ8選
2017.10.18
2017年11月号特集
2017年11月号特集 / FEATURE