http://oceans.tokyo.jp/2017-1011-2/

お金が殖えないと嘆く人はこの常識を知ろう。金融マンも意外と知らない“積立投資”の利点

このエントリーをはてなブックマークに追加

では、ある金融商品の値動きを示すチャートを見て、買いたいと思うでしょうか? 最初についた価格が10分の1まで下がりつつも、元の値段に回復。ただ、その後、半額まで下がったという金融商品です。

なぜだか、「これは買いたくない」という人が少なくないのですが、さっきのAワインをチャートにしただけです。

Aワインを買って「儲かった」という2カ月目は、チャートで見るとこんな怖いことになっているのです。

ここに、日本では知られていない、投資の常識があります。多くの人が、投資をするときに、値動きしか見ていません。ワインについている値札だけをじっと見ているようなものです。でも、積み立て投資でいちばん大事なのはワインの本数です。

なぜなら、一括投資の結果が、ワインの値段で決まるのに対し、積立投資の結果は、ワインの本数「×(かける)」ワインの値段だからです。

一括投資の結果=ワインの値段
積み立て投資の結果=ワインの本数×値段

一括買いと積立投資

投資といえば、「安いところで買って高いところで売る、その差が儲け」、と考える人が日本ではほとんどです。買った値段より、下がっていたらどうしようもない。私もお恥ずかしながら、そう思っておりました。ところが、証券外務員の資格を取ったのが、たまたま日本では珍しい「積み立て投資」を積極的に進める会社で、お客様におすすめするのも、「積み立て投資」ばかりでした。

リーマンショックがあって日経平均が半分になっても、東日本大震災で2000円下がっても、コツコツ積み立て投資を続けます。すると、一時的には値下がりしても、どのお客様もプラスに戻ってくるのです。

毎月コツコツ積立投資をする方法を、投資用語で「ドルコスト平均法」といいます。ドルコスト平均法という名前を知っている人は多いのですが、その威力を知る人は、残念ながら日本では、まだ多くはないといえます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
お金 , 投資 , 東洋経済 , 積立投資 , 金融
48歳バンドマンの「しぶとすぎる」生き残り術 〜結成28年、酸いも甘いも噛み分け進んできた〜
2017.10.18
「上司に相談します」は生産性で見て致命的だ 。「生産性が日本の1.5倍」ドイツ人に学ぶ
2017.10.04
意外と知らない「ナイキと日本人」の深い関係。世界的スポーツブランドはいかに生まれたか
2017.09.20
「子の将来は親の育て方次第」という大誤解 完璧な人間にも堕落した人間にもできない
2017.09.14