http://oceans.tokyo.jp/2017-1011-2/

お金が殖えないと嘆く人はこの常識を知ろう。金融マンも意外と知らない“積立投資”の利点

このエントリーをはてなブックマークに追加


1万円のお小遣いで、毎月同じワイン買う

1カ月目:1万円のお小遣いで、1万円の値段がついたワイン(Aワインとしましょう)は何本買えますか?

答えは「1本」です。

2カ月目、Aワインの価格が1000円になりました。1万円で、Aワインは何本買えますか?

「10本」です。

3カ月目、Aワインの価格が再び1万円になりました。1万円でAワインは何本買えますか?

「1本」ですね。

3カ月で、ワインセラーには、何本のAワインがありますか?

「12本」となりました。

それを、「Aワインを飲まないなら、1本1万円で買います」と買う人が出たとします。12本のAワインが1万円で売れたら、いくらもらえますか?

答えは言うまでもなく「12万円」です。

3カ月でワインを買ったときに使ったおカネは3万円でした。3万円が12万円になるのを、悲しいと答えた人は、いません。むしろ「うれしい」「超うれしい!」と答える人が多いです。「特に2カ月目がうれしい」と。

じゃあ、半分に値切った5000円でワインを買う人がいればいくらもらえますか?

簡単な計算ですが、「12本×5000円=6万円」。買った値段の倍です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
お金 , 投資 , 東洋経済 , 積立投資 , 金融
48歳バンドマンの「しぶとすぎる」生き残り術 〜結成28年、酸いも甘いも噛み分け進んできた〜
2017.10.18
「上司に相談します」は生産性で見て致命的だ 。「生産性が日本の1.5倍」ドイツ人に学ぶ
2017.10.04
意外と知らない「ナイキと日本人」の深い関係。世界的スポーツブランドはいかに生まれたか
2017.09.20
「子の将来は親の育て方次第」という大誤解 完璧な人間にも堕落した人間にもできない
2017.09.14