http://oceans.tokyo.jp/2017-1011-1/

デニムが好きなら履くのをやめろ!?こんなデニムの楽しみ方もある

このエントリーをはてなブックマークに追加

デニムが好きならいっそデニムをやめちゃおう! ちょっと大胆な言い方に聞こえるかもしれないけど、要はデニムパンツ以外でデニムをもっと楽しもうってこと。素材の持つ本来の安心感を新鮮なカタチで味わえば、その魅力を再確認するに違いない、というわけだ。


「サカイ」のカバーオール

ブルゾン7万8000円、ニット3万9000円/ともにサカイ 03-6418-5977、パンツ7000円/ディッキーズ(ディッキーズ プレスルーム 03-6434-1582)

コーチジャケットとアウトドアジャケットのテイストをはじめ、さまざまな要素をミックスして再構築したハイブリッドな1着だ。襟元にはセレモニー用のブレードが継ぎ合わせられる。自由なミクスチャーで“東京感”溢れるデザインは、ジャパンモードを牽引するサカイの真骨頂といえよう。


「アヴィレックス」のパーカ

パーカ1万8000円/アヴィレックス 新宿 03-5367-2013、パンツ1万4800円/ピルグリム サーフ+サプライ 03-5459-1690、サングラス3万3000円/ギャレット レイト カリフォルニア オプティカル(ミス シープ アイヴァン 03-6380-5405)

ストレッチ混デニムが実現するストレスフリーの動きやすさは、アクティブなオッサンにぴったり。アノラックパーカを彷彿させる佇まいもグッド。街ではもちろんアフターサーフにも映える。


「エンジニアド ガーメンツ」のベレー

帽子1万1000円/ネペンテス 03-3400-7227、ニット3万2000円/ノンネイティブ(ベンダー 03-6452-3072)

11オンスのコーンデニムを使用する。パイピング部分に紐が通っており、細かいサイズ調整が可能。被ったときに顔を覗かせるレザーのトリムが程良いアクセントになってくれる。


「オスクレン」のスニーカー

スニーカー1万8000円/オスクレン 銀座店 03-6264-5560、パンツ2万6000円/ネサーンス(レイク・タホ 03-5708-5757)

ブラジル発のサーフブランドの定番かつ信頼あるローテクスニーカー。コットンキャンバスに取って代わったデニムが醸す目新しさは、えも言われぬ絶妙なサジ加減。さらりと履くだけでサマになる安心感も変わりない。


「マッキントッシュ」のコート

コート6万9000円/マッキントッシュ ジャパン 03-3589-0260、ニット3万3800円/ルクシー(ジェムプロジェクター 03-6418-7910)、パンツ1万7000円/スティルバイ ハンド(スタイルデパートメント 03-5784-5430)

日本製のリジッドデニムで仕立てたコートなら、お馴染みのゴム引きとは違った新鮮さを手に入れられる。ブランド定番のステンカラーのパターンそのままのきれいな立ち姿は、休日カジュアルを格上げする。


「マインデニム」のシャツ

シャツ2万8000円/マインド 03-6721-0757、パンツ8900円/ギャップ(ギャップフラッグシップ原宿 03-5786-9200)

オンシーズンを迎えた定番のネルシャツかと思いきや、実はデニムにチェックプリントを施した変わり種。鮮やかなブルーチェックの見た目からは想像できないヒネりの利かせ方たるや、さすがデニム界の注目株。


「ヤヌーク」のベスト

ベスト3万5000円/カイタックインターナショナル 03-5722-3684、パーカ2万3000円/ソフネット(ソフ 03-5775-2290)

高機能中綿「シンサレートウルトラ」を採用し、軽さと薄さと暖かさを兼備する。すっきりとした印象のクルーネックだから、インナーとしても使いやすいのがうれしい。


「ブランク」のPCケース

バッグH26.5×W35.5×D2cm 9000円/林五(林五プレスルーム 03-6452-2177)、シャツ1万2000円/ビューティ&ユース(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店 03-5428-1893)、パンツ1万4000円/セラドア(アダム エ ロペ(ジュンカスタマーセンター)0120-298-133)、腕時計68万円/オメガ(オメガお客様センター 03-5952-4400)

色落ちしにくい「反応染め」がされたクラッチ型のPCケース。リジッドの温もりのあるデニム素材とテックな止水ジップの組み合わせが、独特のミニマル感を演出してくれる。


「ディーゼル」のバッグ

バッグH44×W41×D8cm 2万4000円/ディーゼル ジャパン 0120-55-1978、ニット1万3000円/モンキータイム(モンキータイム ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 原宿店 03-5464-2773)、腕時計52万5000円/ブライトリング(ブライトリング・ジャパン 03-3436-0011)

キャンバス地が幅を利かせるトートだが、日本限定となるディーゼルのそれは、端正なリジッドデニムで。スマートな佇まいとは裏腹に、十分な容量を備える。


見慣れた生地でも、カタチが変われば新鮮に。デニムが本来持っている、自由で、力強くて、爽やかなニュアンスをあらためて思い出させてくれる。見た目だけじゃなくて耐久性だって期待できそう。デニムは本当はもっと懐が深くて、その付き合い方はワンパターンじゃないのである。

このエントリーをはてなブックマークに追加
コート , ジーンズ , ジャケット , スニーカ― , デニム ,
マッチョなムートンアウターを気負わずいただく調理法とは?
2017.12.03 / オーシャンズ的 パパ改造計画
羽織るだけでこなれて見える “膝丈コート”6選!
2017.12.02
好きなものを好きなように。やっぱりデニムスタイルは自然体がいい
2017.12.01 / WORLD街角父ラッチ
【11/23終了!】限定コラボアイテムだらけの 特別企画を見逃すな!
2017.11.22
2017年11月号特集
2017年11月号特集 / FEATURE