http://oceans.tokyo.jp/2017-1009-2/

ブルーライトは味方!?睡眠の質を上げるガジェットが新感覚すぎる

このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事に子育て、そして趣味に忙しいオッサンたち。限られた時間のなか、効率のいい睡眠を確実にとりたいところ。寝具へのこだわりもいいけれど、今の時代、ガジェットに頼るのも一考の価値あり。そのひとつとして注目したいのが「AYO(アイオ)」。ブルーライトを利用した、新感覚ウェアラブルデバイスなのだ。

アイオ 2万9800円/プラススタイル(https://plusstyle.jp/shopping/item?id=233)

メガネのような形状のこのデバイス。ブルーライトを利用して睡眠の質を向上させるだけでなく、疲労軽減、海外出張時の時差ボケも改善してくれるという。

ん? でもブルーライトって体に悪いのでは……と感じた人もいるかもしれない。ブルーライトを発するスマホ利用が睡眠の質を悪くする、と耳にしたことがあるからだろう。

しかし、それは就寝前のこと。覚醒に適した時間にブルーライトを浴びれば、体内リズムが整えられて、自然と睡眠の質が向上する、というわけだ。

使い方は至極簡単。ペアリングした専用アプリにいつもの起床・就寝時間を入力すれば、自動でセラピープログラムが作成され、光を浴びるのに最適な時間を設定・通知してくれる。これに合わせてデバイスで光を浴びれば、適切な時間に自然な入眠が促される。

また、日中の眠気がひどいときには「エネルギーセラピー」モードも心強い。休日のレジャーを最大限楽しむ前に眠気を感じたら、デバイスを装着。眠気を引き起こすメラトニンの分泌を抑え、スッキリ感を得ることができるという。

遊びたいのに眠気が邪魔だ! とお困りなら、ガジェットの力を借りて”睡眠ケア”をするという選択も断然ありだろう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
ガジェット , ブルーライト , 睡眠
寝るにせよ、遊ぶにせよ。秋の夜長を楽しくする4つの選択
2017.10.03
バーチャル・ジオラマ、進化系お絵かきも。想像力で加速する「Xperia Touch」の親子遊び
2017.09.17 / 左脳を刺激する! オッサンIT化計画
天井ホームシアター!? 色々使える極小プロジェクターが便利すぎる
2017.09.11 / NEWS
360°で“一瞬”を逃さない。VRでも追体験できるスマホ連携カメラ
2017.09.08 / NEWS