http://oceans.tokyo.jp/2017-0903-2/

東京から90分で手に入る世界屈指の「食う寝る遊ぶ」が宮崎に!

このエントリーをはてなブックマークに追加

忙しいときこそ時間を見つけて旅に出て、いろんな刺激をインプット。逆に体内&脳内に溜まった“垢”は、きれいさっぱりアウトプット。そしてまた日常へ。
このイン&アウトこそ、「種カジのタネあかし」でお馴染みの種市暁さんが旅に出る理由。では種さんは、何を持ってどこに行って何を見る? 彼のリアルな旅のしおりをレポートする #種タビ、1回目のディスティネーションは「宮崎」です。

忙しい日常から開放されて旅に出るのだから、スケジュールを詰め込むのはイヤだ。程良くまったりしながら現地を味わいたい。#種タビ1回目のディスティネーション「宮崎」で種さんはどんなスケジュールを立てたのか? 2泊3日の旅のしおり、まずは初日から。


1日目:「宮崎は伊豆より近い」という持論から旅は始まる。

今回の種タビの荷物。パンツはアウターノウンやオニールのボードショーツ3枚。それにフルーツ オブ ザ ルームとヘインズのタンクトップに足元はローカルズのビーチサンダル。ディナーのことも(少しだけ)考えて白シャツとハットも念のため。これを詰め込んだトートバッグとサーフボード1本が今回の全荷物。

初めて宮崎を訪れたのは27歳、趣味のサーフィンが目的でした。以来多少のブランクはあったものの毎年のように訪れています。とはいえ九州。そんな気軽に行けるワケがない、と思うでしょ? そこがポイントで、僕にとって宮崎はすごく近い。だって、羽田空港から飛行機でおよそ90分。しかも空港から30分もクルマを走らせれば最高の波に出会えるんだから。

自宅からは“ドア・トゥ・シー”で2時間余り。これ、都心からクルマで伊豆へ向かうよりも実はラクなんです。今回は週末を使っての2泊3日の旅。荷物もボードショーツにビーサン、シャツ(写真上)とサーフボードだけ。こんくらい身軽に行けるってのもいいんですよ。だから、年に1回は必ず行ってしまうんです。


空港到着。から30分後には波の上。こんな場所、世界でもあまりない。

東京の大手広告代理店で活躍後に宮崎へ移り住んだ長年の友人、宮原秀雄くん。今回も立ち寄る予定の「青島ビーチパーク」の仕掛け人。

午前の便で羽田を出発し、ウトウトしている間に宮崎ブーゲンビリア空港に到着。そのエントランスの先で出迎えてくれたのは南国チックな青空!  と同じくブルーのピックアップ型ハイラックスサーフが愛車の宮原くん。

数年前に東京から移住した友人で、今では僕の宮崎旅に欠かせないパートナー。さっそく彼の愛車に乗り込んで走ること30分。宮崎県内でも有数なサーフスポット、木崎浜に到着したらタンクトップを脱いで1ラウンド! 国内屈指の波をこの天気の中で乗る気持ち良さ。最高に幸せです!

旅の疲れもあっという間に吹き飛びます!

初日の目的地は、絶景を肴に食べる日本一のスペシャルバーガーだ。

気持ちいい波を堪能したあと、木崎浜から海岸線を走るバイパスを北上。一ツ葉公園を抜けると、やがて古き佳き雰囲気のアメリカンハウスが見えてくる。ここは今夏オープンした「ザ・ビーチバーガーハウス」で、実は今回の旅の目的のひとつでもあるんです。

東京・原宿で常に行列ができる大人気店「ザ グレートバーガー」と、大阪・心斎橋で本格フードと居心地の良さで話題の「クリッターズバーガー」。そんな東西の横綱が共同プロデュースするハンバーガーショップが宮崎にオープンしたと聞いて行かないワケにもいかず、胸を躍らせながら店内へ入ると……。

なんと、入り口からそのままビーチが見える開放的な作り! テラコッタタイルとウッドを使った店内は白が基調で、ハンギングのグリーンや海の写真などのインテリアがいいムード。なんだかカリフォルニアみたいだなぁと思ったら、設計は「カリフォルニア工務店」とのこと。しかも、もとは目の前に広がる海水浴場のライフセーバーの監視塔で、それをリノベーションしたんだとか。そんなストーリーにもグッときます。

肝心なハンバーガーもこのボリューム。ふかふかのバンズに挟まれたビーフパテにトロトロのチーズがかかった「はらみバーガー」は、かぶりついた瞬間に肉汁がジュワ〜。上質な和牛を贅沢に使ったパテと、新鮮な地元野菜が絶妙なマリアージュを奏でて極上です。その脇に添えた熱々のポテトフライもまた宮崎産。美味しくないはずがない。

そして見てください、このロケーション。テラス席の目の前は美しい海とビーチです。これ以上の贅沢はありません。“夢の共演”バーガーから滴り落ちる肉汁に気を付けながらガブリ!
ちなみに日が暮れたらココはさらに素敵な空間に。ああ、宮崎に来て良かった〜。

「ザ・ビーチバーガーハウス」で迎えるサンセットは、実に幻想的。日中の颯爽とした雰囲気から一変、夕方はグッとラグジュアリーな表情を見せ始めます。昼と夜の二面性もまた魅力。

メインディシュのハンバーガーをいただいたあとにスイーツはいかが? そう、「ザ・ビーチバーガーハウス」には、こんないい感じのアイスクリームスタンドも併設しているんです。これ以上食べちゃダメだ、と思いつつ、「オッサンも甘いモノは別腹」ってことでパクっと……。
いろんな意味で甘い誘惑の多い宮崎の新たな注目スポット。ここに来るだけでも十分価値あり!だと思います。さて、心も腹も満たされて眠くなってきたら、本日の宿へ向かいます。

ザ・ビーチバーガーハウス
住所:宮崎県宮崎市阿波岐原町1400-16
電話番号:0985-34 -9085
営業:10:00~21:00
無休
http://thebeachburgerhouse.com/

このエントリーをはてなブックマークに追加
サーフ , トリップ , ハンバーガー , リゾート , 宮崎 , , 種タビ
宮崎はもうひとつの「うどん県」だ! 再訪決定の名店5選
2017.09.13
移動はトゥクトゥクで! 宮崎で異国感を味わう半日ビーチの過ごし方
2017.09.07
予約が取れない噂のホテルへ向かって、90分の宮崎ドライブ旅
2017.09.05
Public Worker’s Surf Championship 〜初公開、日本イチの地方公務員サーファー決定戦〜
2017.09.03 / SEAWARD TRIP
【OCEANS TRIP】宮崎特集
【OCEANS TRIP】宮崎特集 / FEATURE