http://oceans.tokyo.jp/2017-0817-1/

社会見学にも!父子の絆を強くする「ガンプラの新聖地」誕生

このエントリーをはてなブックマークに追加

アムロの激情に共感し、ランバ・ラルの死に涙、シャアのラストに無情を覚える。オッサンたちの青春の1ページに刻み込まれたガンダムの思い出は強烈だ。子供にも名作の魅力を伝えたい! そんな思いをひそかに抱えている諸兄も少なくあるまい。

「”あの頃”ホビー再入門」を読む

そんな野望を抱えるパパたちにうってつけの新施設が、お台場の地に8月19日にグランドオープンを果たす。その名も「THE GUNDAM BASE」だ。

「THE GUNDAM BASE」エントランス (C)創通・サンライズ

「THE GUNDAM BASE」は、国内初となるガンプラを主体とした総合施設。約2000種類の商品を販売している「ショップゾーン」、その場で商品を組み立てることができる「ビルダーズゾーン」、ガンプラの設計データや金型を実際に触ることができる「ファクトリーゾーン」など、さまざまな角度からガンプラの世界を楽しむことが可能になっている。

ショップの商品棚には約1500種のガンプラを展示(C)創通・サンライズ
ファクトリーには「ガンプラビルダーズワールドカップ」世界チャンピオンの新作展示も(C)創通・サンライズ

ちなみに、本施設の限定品として「RX-78-2」「フリーダムガンダム」「ガンダムバルバトス」など新旧作品のプラモも販売。ワクワクすること請け合いである。

HG 1/144 ガンダムベース限定 RX-78-2 ガンダム [メタリックグロスインジェクション] 1296円(税8%込)(C)創通・サンライズ
HG 1/144 ガンダムベース限定 ガンダムバルバトス[メタリックグロスインジェクション]
1296円(税8%込) (C)創通・サンライズ・MBS
買って、作って、学べる「ガンプラ」。作品の魅力はもとより、工業製品の製造工程を教えられる場所として、子供の社会見学に最適なのだ。これならアニメを敬遠するママも欺け……もとい、納得してもらえるだろう。父子でガンプラにハマる休日。そんな夢のような1日を過ごしてみないか?

THE  GUNDAM  BASE TOKYO(ガンダムベース東京)
住所:東京都江東区青海1-1-10 ダイバーシティ東京 プラザ7F
電話番号:03-6426-0780(店舗直通) ※8月17日10:00より開通
営業:10:00~21:00

このエントリーをはてなブックマークに追加
ガンダム , ガンプラ , ニュース
タフ&パワフルなミルスペック仕様シェーバー……男なら試したい!
2017.11.17 / NEWS
今週末開催! 大注目の「デウスサーフスワップミート」
2017.11.16 / NEWS
男の憧れ、ガレージライフ…アイテムにこだわるならコレは必見!
2017.11.07 / NEWS
機能、デザインともに絶妙!ブルーエアの新しい空気清浄器が秀逸
2017.11.02 / NEWS