http://oceans.tokyo.jp/2017-0807-1/

買い逃しない?この夏のメンズ流行アイテムをおさらい!

このエントリーをはてなブックマークに追加

今年の夏もいろいろある、ホットな流行トピックの数々。それらを、ここで一度おさらいしてみよう。もうすぐ夏物シーズンも終わり。手に入れてない服、試してないモノは、ないだろうか? 巷をにぎわせた“旬”なアイテムリストを、備忘録がわりにどうぞ。


【1】サコッシュ
小さくてやわらかい、ストレスフリーなアクセ代わり

2500円/ビューティ&ユース(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店 03-5428-1893)

小ぶりなサイズながら、着こなしのポイントとして存在感を放つサコッシュ。やわらかなリップストップ生地を使うこちらなら、Tシャツの上でもゴワつかない。ストラップ短めでスッキリ使うのがお約束。


【2】淡色サングラス
クラシカルな要素も取り入れてみる?

各3万7000円/フォーナインズ・フィールサン(フォーナインズ 03-5727-4900)

軽くて柔軟性に優れたチタンフレーム。透明度の高いブルーとグレーのレンズは、ともに程良いストリート感と清涼感が漂うグッドカラー。クラシカルな縄手のモダンも今のキブンを助長。


【3】カットオフパンツ
インディゴでもブラックでも切りっぱなしでぶっぱなせ!

[左]2万7000円/イエスタディズ トゥモロウ(ベンダー 03-6452-3072) [右]2万4000円/アッパーハイツ(ゲストリスト 03-6869-6670)

[左]太めのストレートシルエットが今っぽい。ほつれ部分はヨコ糸もブラックに。シックな意匠が光る。[右]ストレッチの効いたスリムモデル、“THE THIN”。美しい色落ちが好印象だ。


【4】進化系サンダル
今夏も支持率高め!サンダルの枠を超えるヤツ

1万6000円/スイコック(オージー 03-6659-6962)

ビブラム社製のフットベッドと厚手のソールが特徴の日本ブランドの傑作。太陽に映えるベージュカラーも物欲をそそる。履き心地とデザインが高いレベルで融合した1足だ。


【5】ワイドストレート
こんな武骨な変化球を上品に着こなすのが得策

2万5000円/ネサーンス(レイク・タホ 03-5708-5757)

金属製フックとフラップを設けた大きな前立て、ヘビーオンスのツイル地が特徴のファイヤーマンパンツ。裾周りもたっぷりとした太めなストレート。こんな形を品良く取り入れるのが今季流。


【6】都市型オープンカラー
オーセンティックなデザインながら洗練されて見える大人の開襟

1万6000円/デラックス(ブリッジ 03-5766-0015)

ボックス型のシルエットに、アームの付け根のラインの切り替え。パッと見はオーセンティックなボウリングシャツだが、サテンほど光沢の強くないコットン混リヨセルを採用し、上品に仕上がっている。


【7】チープシック
基本アイテムだからこそガシガシ使えるタフな仕様を

各5500円/グッドウェア(スタンレーインターナショナル 03-3760-6088)

7.2オンスという分厚いコットンボディを使ったシンプルなポケTは、タフな作りでガシガシ着倒せる。後染めのようなスモーキートーン、アメリカ製という安定感もポイントだ。


【8】ニットアッパー
ミニマルなビジュアルと快適さが人気の理由

各1万6000円/アディダス オリジナルス(アディダスグループお客様窓口 0570-033-033)

高伸縮性のプライムニットとクッショニングに優れたブーストフォームを組み合わせた“NMD”シリーズのニューモデル。オッサンの足のムレや締め付けを軽減してくれる。


流行りものカタログ2017夏、お眼鏡にかなうものはあっただろうか。買い逃した人も、買い足したい人も。駆け込めばまだ間に合う最終夏物、この機会を逃さずゲットしよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年9月号特集
2017年9月号特集 / FEATURE