http://oceans.tokyo.jp/2017-0806-4/

40代が逆輸入を希望する、デ・ニーロ御用達のアレと、もうひとつ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

NYといえばファッション、アート、音楽の世界的発信地のひとつだけど、“理髪店”もまた、彼の地が誇るカルチャーのひとつである。8月5日(土)に代官山にオープンしたバーバーサロン「ルドロー・ブラント」は、あのロバート・デ・ニーロも顧客というNYブルックリンの名店(写真の人物がオーナーのラッセル・マンレーさん)。

チェア、キャビネット、内装の資材などはすべてNYから直輸入。そして本店で修業を積んだ日本人マイスターバーバーたちのカット技術は、NYから逆輸入というわけだ。さらにはヴィンテージな佇まいのカフェも併設されるとのこと。古き佳き時代のアメリカを彷彿させる大人の社交場となりそうだ。


ルドロー・ブラント

☎03-6455-3938
東京都渋谷区代官山14-15 HARAPPA 1F
営業/11:00〜20:00(カフェは22:00まで)
月曜、第2・第3火曜定休
http://ludlow.co.jp


一方こちらはバイクの話。パートナーと“2ケツ”でツーリングが楽しめる「クルーザー」と呼ばれるタイプ。アメリカの2輪市場はこのカテゴリーが総需要の半分を占めるという。ここ日本でもそろそろ逆輸入してほしい──のが、「ヤマハ」の“スターベンチャー”だ。心臓部には1854㏄空冷Vツインを収める“大陸横断機”である。大型タッチパネル&スイッチ類で、オーディオやナビ、電話などの操作はラクラク。143ℓのツアートランクや駐車時に便利な電動の前後駆動装置を世界初搭載するなど、旗艦機に相応しい装備。音響はこちらも日本のヤマハ(バイク製造とは別の楽器製作会社。元は同じ会社だったんだけど)というのも面白い。価格は北米参考価格で2万4999ドル(約280万円)。個人輸入という手も、なくはないかな〜。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スターベンチャー , ヤマハ , ルドロー・ブラント
2017年9月号特集
2017年9月号特集 / FEATURE