http://oceans.tokyo.jp/2017-0717-3/

海の日だから考える。オッサンに許される海パン、ダメな海パン

このエントリーをはてなブックマークに追加

時計ならゴールド。メガネならブロウタイプ。若い頃にはこなしきれなかったけど、今こそ似合うアイテム。

海パンでいえば、欧州ブランドものがそう?という話。西海岸やオーストラリアの、底抜けに明るいアレやコレも好きだけど、ヨーロピアンなスイムショーツたちには、派手さのなかに哀愁がある。

それは、緯度の高い地中海系&大西洋系リゾートの夏が南国に比べ短く、だからこそ輝く季節を謳歌したい、という切なさに由来しているのかも。アラン・ドロンやジェームズ・ボンドのリゾートスタイルに思いを馳せ、この夏はシブーく欧州系の海パンをはいてみてはどうか。

各6万円/ロエベ(ロエベジャパン 03-6215-6116)
1万5000円/アタライユ(ジャック・オブ・オール・トレーズ 03-3401-5001)
4万円/ヴェルサーチ(ヴェルサーチ ジャパン 03-3569-1611)
1万2000円/エスワイサーティートゥバイスウィートイヤーズ(ロンヨンジャパン 03-6712-2191)
このエントリーをはてなブックマークに追加
スイムショーツ , リゾートスタイル
2017年8月号特集
2017年8月号特集 / FEATURE