http://oceans.tokyo.jp/2017-0714-2/

手軽!愛好者急増中の海遊び「SUP」のユルくて奥深〜い世界

このエントリーをはてなブックマークに追加

成熟した男性は、仕事人、家庭人、地域人といった3つの顔を持つという。しかし、自分なりの美意識を持った37.5歳からのオーシャンズ世代なら、ここに「趣味人」としての顔を付け加えたい。自分らしい趣味を持つことでハレとケを使い分ければ、仕事にも家庭にも、きっと良い影響を与えてくれるはず。オッサンだからと尻込みすることなかれ。人生をちょっと潤わせてくれる「新しいコト」に挑戦してみよう!

近年、ビーチを賑わせている新たなマリンアクティビティがある。それがSUP(サップ)。Stand Up Paddleboardの略で、最近日本でも爆発的に人口が増えているのだとか。

「諸説あるんですが、そもそもSUPは1960年代にハワイで生まれたものだとされています。ビーチボーイの遊びがルーツだと言われていますね」

こう教えてくれたのは、「葉山オーシャンスポーツ」代表の平林 真さん。実はマリンアクティビティの本場で生まれた、由緒正しいものなのだ。しかし“遊び”というだけあってか、実は極めて手軽なことも特徴。

「Tシャツで楽しむ方も多いですよ。風が弱く波が穏やかな日なら、慣れた人なら大抵落ちませんからね。ちょっと学んだだけで、誰もが楽しめるようになります。ウィンドサーフィンにしてもサーフィンにしても、最初はなかなか難しく、慣れて上達しないと楽しさがわかりにくいかもしれないけど、SUPは初めてでもすぐに楽しめます。女性や家族にかっこ悪いところを見せなくて済みますよ(笑)。当クラブでは、60代半ばの女性も楽しんでいます」


SUPで楽しめることは、まさに“水上散歩”というべきものだとか。大ぶりなボードに立ち、パドルでゆったりと進んでいくのだ。ボードの上で読書をしたり、ヨガをしたり、釣りもできる。またタンデムで乗れるので、子どもやパートナーと楽しい時間を過ごすことができる。……つまり楽しみ方は自由自在というわけ。

「それに奥が深くて、上達すれば立ったまま漕いで波に乗れるSUPサーフィンも目指せますし、スピードを競うレースという道にも進めます。誰でも楽しめる遊びから専門的な競技まで、ひとつ大きな枠組のなかで自由にやれるところがいいんですよね」


そして「最近は自身で道具を揃える人も増えてきました」と平林さん。ロングボードよりも大きくて幅があるため海辺のショップに預けたり、自宅に保管したい人は空気を入れて膨らませるインフレータブルタイプを買うのだとか。

「日本では購入者の6割ほどが、インフレータブルタイプを購入しているようです。コンパクトに折りたためて専用バックパックに入れて背負えるので、山に持っていって湖などで楽しんだりできます」

キャンプの余興としても楽しめるなんて、結構意外では? ユル〜い水上散歩は、親子のコミュニケーションにも活用できそうだ。本格的に見えて実は手軽なウォーターアクティビティ。夏らしい週末を過ごすには、ピッタリじゃない?

■教えてくれた人
平林 真さん
「葉山オーシャンスポーツ」代表。葉山のビーチに面した古民家クラブハウスで、スタンドアップパドルボードを気楽に身軽に楽しめる会員制クラブ。ボードのレンタルやマイボードの保管サービスも行う。
http://hayama-story.com

このエントリーをはてなブックマークに追加
アクティビティ , オーシャンズとレジャー ,
海のある暮らしって実際どんなもの? 逗子を1日満喫して考えた
2017.10.18 / オーシャンズとレジャー 37.5歳から始める大人の趣味入門
基本操作はわずか15分で習得可!?気になる「小型船舶免許」の中身
2017.10.02
「小型船舶免許」10万円以下!大海原の自由気ままな世界とは?
2017.09.30
海か? 街か? この秋気になる限定モノ3番勝負
2017.09.24