http://oceans.tokyo.jp/2017-0710-3/

京都で400年続く老舗とコラボしたエルメスの“アレ”がスゴい!

このエントリーをはてなブックマークに追加

来る7月31日(月)をもって限定オープン終了となるエルメス祇園店。その最後を飾るのが、400年の歴史を持つ京都の唐紙屋「唐長」とコラボしたノートレフィルだ。

ノートレフィル各7400円、手帳カバー右から5万9000円、6万7000円/すべてエルメス(エルメスジャポン 03-3569-3300)

からかみ? もともとは奈良時代に唐から渡ってきた美しい紙のこと。当時は貴族が手紙や歌をしたためるために使用。時を経て、町家の壁紙や襖の装飾に用いられるようになったのだ。

今回のレフィルは表裏に1枚ずつオリジナルの唐紙を装丁。日本の伝統柄「縮緬縞(ちりめんじま)」(右)と「青海波(せいがいは)」の2種類だ。現在、祇園店とオンラインで先行販売中。毎日忙しいが、このノートなら古の貴族よろしくみやびやかな気分でメモれる、かな?

[ショップデータ]
エルメス祇園店
京都市東山区衹園町南側570番地8
11:00~19:00 木曜定休
03-3569-3300(エルメスジャポン)

このエントリーをはてなブックマークに追加
エルメス , エルメス祇園店 , 京都 , 唐長
ヴィトンとエルメスの革小物が、“あの時”を思い起こさせる
2017.12.02
造形、背景から深き愛を伝える腕時計。いま知りたい“ロマンティック”な7本
2017.11.05
京都の芸舞妓が惚れる人と敬遠する人の差 〜ご贔屓さんを気取っても本質は態度に表れる〜
2017.10.26
グッチで神対応か、エルメスで紙対応か。ホームパーティでウケるのはドッチ?
2017.09.16