http://oceans.tokyo.jp/2017-0629-2/

ボリューム&愛情たっぷり「肉納豆ライス」、暑い日にどうぞ

このエントリーをはてなブックマークに追加

オーシャンズ看板モデルの三浦理志さんが今回作ったのは、あまり聞きなれない「肉納豆」。実は三浦さんにとって“お袋の味”なのだという。そもそもは、実家の隣の家のお母さんが、お菓子ばかり食べている子供たちにどうにかしてご飯を食べさせようと考案した料理とのこと。

「ミウラメシ」を最初から読む

それが三浦さんの母に伝わり、三浦家の定番になったというわけだ。ヘルシーでボリュームも愛情もたっぷりのレシピ。そんな思い出の味を、大人仕様に進化させたのが今回の「肉納豆ライス」だ。

【今回のメニュー】
混ぜておいしい 肉納豆ライス

【材料(2人分)】
納豆  2パック
豚ひき肉  200g
長ネギ  1本
ニンニク  1かけ
生姜  1かけ
サラダ油  大さじ1
豆板醤  小さじ1/2
ご飯  2膳
赤タマネギ  1/3個
クレソン  1/2袋
ルッコラ  1/2袋
みょうが  2個
プチトマト  8〜10個
キムチ  適量
韓国のり  適量
クリームチーズ  適量

◆スクランブルエッグ
卵  2個
塩  少々
オリーブオイル  小さじ1

[A]
醤油  大さじ3
酒  大さじ1/2
みりん  大さじ1/2
砂糖  ひとつまみ

[B](ごまソース)
ごま油  大さじ1
白ごま  ひとつまみ
塩  少々

【作り方】

◆1
長ネギ、ニンニク、生姜はみじん切りにする。赤タマネギ、みょうがは千切りにする。クレソン、ルッコラは3㎝幅に、プチトマトは半分に切る。

付け合わせの具材は何でもアリなので、お好みでいろいろ試してみて。

◆2
熱したフライパンにサラダ油を引き、ニンニク、生姜、豆板醤を入れて炒める。香りが立ってきたら豚ひき肉を入れて炒め、火が通ったら納豆を入れてさらに炒める。Aを加えて汁気が少なくなるまで炒めたら、火を止めて長ネギを入れ、よく混ぜ合わせる。

子供のころ食べた“お袋の味”を、豆板醤で大人仕様に。
調味料を入れたら、汁気が少なくなるまでしっかり煮詰めるべし。

◆3
付け合わせのスクランブルエッグを作る。ボウルなどに卵を割り入れて溶き、塩を加える。熱したフライパンにオリーブオイルを引き、溶いた卵を入れて木べらなどで大きく混ぜながら半熟に仕上げる。

◆4
器にご飯をよそい、2の肉納豆、1の赤タマネギ、クレソン、ルッコラ、みょうが、プチトマト、3のスクランブルエッグ、キムチ、韓国のり、クリームチーズをのせる。仕上げにBを合わせた“ごまソース”をかければ出来上がり。

付け合わせの具材は、いろんな種類を贅沢に“大人のせ”すると見栄えもGOOD。いきなり全体をグチャグチャに混ぜて豪快にいくもよし、ちょっとずつ混ぜながら味の変化を楽しむもよし。クリームチーズは混ぜると味が結構マイルドになるので、途中から少しずつ投入するのがオススメ!
ちなみに余った“肉納豆”はアレンジ無限大!パスタにも合うしタコスもベストマッチだ!

[三浦理志 プロフィール]

オーシャンズモデル。愛称はマーシー。仕事のかたわら“サーフ&ノーフ”の生活を実践中。隙間を見つけては波乗りを楽しみ、数年前からは、通称「三浦農園」で収穫した野菜を使ってキッチンで腕を振るっている。

三浦理志=料理 渡辺修身=写真 中里真理子=スタイリング

このエントリーをはてなブックマークに追加
ミウラメシ , レシピ
自宅で手軽!「鶏モモの“燻製”焼き」が肉汁&スモーキーで美味
2017.11.20 / オーシャンズとレジャー 37.5歳から始める大人の趣味入門
寒いほど美味い! 豚バラ&野菜マシマシながっつりヘルシー鍋レシピ
2017.11.06 / ミウラメシ
ミラノ風味のジューシーカツレツで食卓にイタリアの風を
2017.09.27 / ミウラメシ
意外と簡単な自家製ニョッキで本格イタリアンを週末に
2017.08.26 / ミウラメシ