http://oceans.tokyo.jp/2017-0628-3/

40代、まだ見ぬハワイ旅に取り入れたい「6つのスケジュール」とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

夏の旅の定番にして、何度行っても飽きることがないディスティネーション、ハワイ。初めての人なら当然、リピーターも「今回は何をする?」と毎度胸が躍る常夏の楽園だ。ということでシーズン直前、“まだ見ぬ”をテーマにオーシャンズ的「ハワイ旅のしおり」を4週にわたって公開していく短期集中企画。第1回目は、オーシャンズ世代がハワイでやりたい6つのコトをピックアップ。街をブラブラ、ビーチでごろり、ビールをごくり。それもいいけど……こんな店やあんなコトをチェックしておけば、新しいハワイに出会えるはずだ!


1:ハワイといえば……やっぱり「買い物」だ!

オーナーのカラーが色濃く出たショップもあれば、ハワイでしか買えないアイテムを売っている店や長年続くオーセンティックなとこもある。掘れば掘るほど面白いショップがわんさか。やっぱりハワイは買い物天国だ。何でも揃うアラモアナもいいけど、せっかくならアロハな空気漂うスペシャルピースが見つかるショップもチェックしておきたい。

カリフォルニア発のビーチファッションをカイルアでゲット!

米国サンディエゴに旗艦店を構えるアロハサンデーがオアフ島東部のカイルアに誕生したのは2015年。以降、西海岸を代表する海カジブランドは、ハワイでも指折りの人気店として浸透している。多彩なTシャツやアロハ、デニムに加え、ビーチタオルやアイウェアなど、ハワイのビーチタイムをフォローしてくれるラインナップが頼もしい。
ALOHA SUNDAY SUPPLY CO.(アロハサンデー カイルア店)
+1-808-261-6587
131 Hekii St. Suite 108 Kailua, Hi
10:30〜18:00 無休
https://alohasunday.com

ミッドセンチュリー期のビーチボーイスタイルが欲しい!

1940年代から’50年代のワイキキにいたビーチボーイズのスタイルを意識していることから、どこかノスタルジックなムードが漂うオリバー。Tシャツやショーツというアパレルに加え、ライフスタイルアイテムもセレクトしている。
OLIVER(オリバー)
+1-808-261-6587
49 Kihapai St. Kailua, Hi
10:00〜18:00(土・日曜は17:00まで) 祝日定休
www.oliverhawaii.com

充実のセレクトが楽しいハレイワ散策時のマストな1軒

ハレイワの散策時に、ぜひとも立ち寄りたいお店がある。「ナンバー808」は、オリジナルのウェアも捨て難いが、エンジニアド ガーメンツや“サタデーズ”など、我々との距離が近いブランドのラインナップがとにかく充実。ほかにもハワイの空気を内包した魅力的な雑貨などが寄り添うように並んでいるのでぜひ!
NUMBER 808(ナンバー808)
+1-808-312-1579
66-165 Kamehameha Hwy. 4C Haleiwa, Hi
11:00〜18:00 無休
http://number808.com

ハワイ諸島をロゴにしたあのバッグブランドの直営店

ハワイの魅力をより知ってもらうための象徴的存在でありたいと願うバッグブランド、ラナイ・トランジットの直営店。ハワイ諸島をロゴにあしらい、ロイヤルファミリーであるカメハメハ一族、ビショップ財団のお墨付きという由緒正しきブランドのアイテムは単なるスーベニア的風情は微塵もなく、どれもが帰国したその日から日本の街で活躍してくれるのだ。
LANAI TRANSIT(ラナイ・トランジット ロイヤル・ハワイアン・センター店)
+1-808-923-3380
Royal Hawaiian Center. ♯A-107(A-bldg. 1F) Honolulu, Hi
10:00〜22:00 無休
www.lanai-transit.com

2:思い切って「サーフィンデビュー」してみる!?

「いつかは」と思ったままでデビューできていない人、いませんか? せっかくハワイに来たならサーフィンにトライするのも、まだ見ぬハワイの満喫術のひとつ。ということで、ビギナーでも楽しめる波乗り情報をここに。

ご機嫌なサーフボードをレンタルするなら

レンタルボードはカッコ悪い、というネガティブイメージをお持ちのアナタ、ぜひアラモアナショッピングセンター近くにある「クリップス」を訪ねてみるといい。チャンネルアイランドやファイヤーワイヤーなど、人気ブランド&トップシェイパーの最新モデルを1日$30〜でレンタルできるのだ。しかも、ワイキキ周辺のホテルであれば、ボードを届けてくれるサービスもある。日本版ホームページ(clipshawaii.com)もあるから事前予約もスムーズ。スマート&カジュアルなオッサンサーファー向きだ。
CLIPS(クリップス)
+1-808-941-6777
822 Kaheka St. Honolulu, Hi
10:00〜18:00 日曜定休
http://clipshawaii.com

日本語ペラペラなサーフショップを知っておく

ハワイ大学の近くで見つけ、ふらりと入ったのが「アロハ ボードショップ」。ハワイ大学が近いだけに学生サーファーの客が多いと話してくれたカリムさんは日本語がペラペラ。モロッコ系フランス人としてパリで生まれた背景も面白く、さらにシュイプルームをレンタルできるコンセプトも興味深い。素材は購入可能というからサーフボードを自作したい人にオススメだ。ちなみにオープンは14年前。それでも今回が初めての遭遇。ハワイのサーフショップ事情は、まだまだ奥が深そうだ。
ALOHA BOARDSHOPアロハ ボードショップ)
+1-808- 955-6030
2658 South King St. Honolulu, Hi
10:00〜18:00(日曜のみ11:00〜17:00)
www.alohaboardshop.com


3:ローカル御用達の会員制フィットネスで汗を流す


ハワイに行って何かと気になるのが「ローカルの行きつけ」。なかにはビジターNGの会員制も多いが、そんな特別感にこそ心惹かれてしまうのが本音だ。そこでご紹介したいのが、オアフ島東部の高級住宅地、ハワイカイにある会員制スポーツクラブ「オアフクラブ」。
ワイキキからクルマで約25分の位置にあるため“観光地”っぽさはなく、辺りは緑に囲まれたリラックス感満点な環境。そんなロケーションの中、50mの温水プールや、最新器具を備えたフィットネスジム、照明付きのテニスコートにジャグジーやサウナと、快適にカラダを動かせるあらゆる設備が勢揃いするコチラには、気持ち良く汗を流せる最高のスポットだとオアフ島全土から人が集まるという。
そこでオーシャンズは、「そんな施設でローカルと一緒にカラダを動かしたい!」とリクエスト。なんとこの夏、オーシャンズ読者限定でビジター利用を特別に許可してもらった! しかも無料で37組(1組4名まで)を招待だ。期間は夏休み真っ只中の8月の1カ月。詳細を以下のフォームで確認後応募して、最高に贅沢な1日をゲットしよう!

ローカルと一緒に最高に贅沢な1日を「オアフクラブ」で
今回紹介した会員制スポーツクラブ「オアフクラブ」に、ウェブオーシャンズから応募いただいた方の中から、抽選で37組(1組4名まで)をご招待!

応募締め切り/2017年7月17日(月)

※「オアフ クラブ 特別招待」への応募は締め切りました。たくさんのご応募、ありがとうございました。

The Oahu Club(オアフクラブ)
+1-808-395-3300
6800 Hawaii Kai Dr. Honolulu, Hi
6:00〜21:00、土曜7:00〜20:00、日曜8:00〜20:00 
※併設カフェ「RED5」は10:00〜20:00、土曜19:00まで、日曜15:00まで(月曜定休)
www.theoahuclub.com

※本特集は一部、「オーシャンズ」2015年8月号、2016年8月号の情報を元に再編集しており、各ショップ及びサービスの休業日、営業時間、料金などは変更している場合があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
サーフィン , ショッピング , ハワイ , 観光
世界一美しいと言われる「グレート・オーシャン・ロード」を知っているか?
2017.12.06
ふたつの道に秀でる男 〜Hybrid Surfer〜
2017.12.04 / SEAWARD TRIP
ハワイ、サーフィンの聖地に名を刻む日本人の物語 〜Wakita Peak 〜
2017.11.26 / SEAWARD TRIP
名作は「ベランダの小さな工房」から。湘南のウクレレ職人を訪ねた
2017.10.25 / オーシャンズとレジャー 37.5歳から始める大人の趣味入門