http://oceans.tokyo.jp/2017-0506-3/

今年もまだリブパン? 今キテいる、新たな休日パンツスタイル

このエントリーをはてなブックマークに追加

「リブ裾のパンツ、去年は休日によくはいたもんだ」って人は多いはず。でも、最近は様子がちょっと違う。“脱・リブパン”=イージーパンツで、新たなリラックススタイルを満喫する大人が急増中なのだ。そこで、押さえておきたい“脱・リブパン”の3つのポイントと2つのメリットを紹介しよう。

脱・リブパン!で気になる、選びの3つのポイント

1:定番色であること。
ネイビーやベージュ、黒、白、グレー、オリーブなど、パンツの雰囲気がユルいぶん、カラーリングを引き締めることで年相応を求めたい。

2:ゴムウエストであること。
腰回りが隠れていれば普通のパンツに見え、過ごしやすい。締め付け感ナシ&ベルトの必要ナシでいいことずくめだ。

3:テーパードシルエットであること。
デニムでもチノパンでも、今はテーパードシルエットが主流。そのシュッとした見た目を求めたいのは、イージーパンツでも同じ。スラックスのように大人っぽくはけるのがいいのだ。

[左]パンツ2万6000円/ノンネイティブ(ベンダー 03-6452-3072)、パーカ1万6000円/サタデーズ ニューヨークシティ 03-5459-5033、スニーカー9000円/ヴァンズ×デラックス(ブリッジ 03-5766-0015) [右]パンツ2万7000円/ホワイトマウンテニアリング 03-6416-5381、シャツ2万3000円/RTH(CPCM 03-3406-1104)、サンダル2万8000円/スティーブ モノ(スティーブン アラン トーキョー 03-5428-4747)

 

 

脱・リブパン!で手に入れる、2つのメリット

1:コンサバもモードも。好みのスタイルが、キメずにキマるようになる
3つのポイントをみたした、軽快なのにシックで“ラク得”な1本。コンサバもモードも軽快でいられる、ということが最大のメリット。

<コンサバな日には…>

[左]パンツ3万2000円/ジェームス パース(ジェームス パース 青山店 03-6418-0928)、ニットポロ3万1000円/ジョン スメドレー(スティーブン アラン トーキョー 03-5428-4747)、靴9200円/アダム エ ロペ(ジュンカスタマ―センター 0120-298-133)、腕時計92万5000円/ゼニス 03-5524-6420 [右]パンツ1万6000円/エバーラスト フォー タケオキクチ(タケオキクチ 03-6324-2642)、カーディガン2万4000円/エイチ ビューティ&ユース 03-6438-5230、Tシャツ1万4000円/エイトン(ヴァリアス ショールーム 03-3475-4920)、サンダル4万9000円/トリッペン(トリッペン原宿店 03-5350-5567)、メガネ2万9000円/イエローズ プラス(G.B.ガファス 03-6427-6989)

 

<モードな日には…>

[左]パンツ3万8000円/カラー ビーコン(カラー 03-6427-6226)、シャツ1万1000円/アダム エ ロペ(ジュンカスタマ―センター 0120-298-133)、スニーカー1万7000円/Amb(ジャーナル スタンダード レリューム 表参道店 03-6438-0401) [右]パンツ3万4000円/テアトラ(スティーブン アラン トーキョー 03-5428-4747)、トップス3万8000円/サイベーシックス(マスターピースショールーム 03-5414-3385)、Tシャツ1万4000円/エイトン(ヴァリアス ショールーム 03-3475-4920)、スニーカー2万3000円/スペクタス(ギャラリー・オブ・オーセンティック 03-5412-6908)

 

2:海でも街でも、リラックススタイルも大人っぽくキマるようになる
“リラックス&きちんと”で一挙両得。気張らずいたい海の日も、さらりとシャレたい街の日も。お気に入りのイージーパンツであらゆる場所へ。

<海っぽいスタイルには…>

[左]パンツ1万9000円/ニードルズ スポーツウェア(ネペンテス 03-3400-7227)、ニット2万2000円/ラッド バイ デミリー(サザビーリーグ 03-5412-1937)、サンダル9000円/ビルケンシュトック(ベネクシー/ビルケンシュトック 0120-206-450) [右]パンツ9500円/マナスタッシュ(ビーバー 渋谷 03-5728-2288)、シャツ2万7000円/ロンハーマン 03-3402-6839、スニーカーは私物

 

<街っぽいスタイルには…>

[左]パンツ2万5000円/ソフネット(ソフ 03-5775-2290)、ジャケット5万5000円/バレナ(エリオポールメンズ銀座 03-3563-0455)、ポロシャツ1万2000円/ラコステ 0120-37-0202、靴9万円/ジェイエムウエストン(ジェイエムウエストン 青山店 03-6805-1691) [右]パンツ7万8000円/アールヴェイル、シャツ2万5000円/ユナイテッドアローズ(ともにユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店 03-5772-5501)、サングラス3万円/ジーエルシーオー(アイヴァン フレッド シーガル 代官山 03-5784-0305)、靴1万4000円/カスタニエール(ハイブリッジ インターナショナル 03-3486-8847)

メリットたくさん、休日パンツの新トレンド。
合言葉“脱・リブパン”で、いつものリラックスタイムをもっとラクにお洒落に楽しもう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
イージーパンツ , カジュアル , 休日
”清潔感”のカギ「白スニーカー」をキレイに保つ、メンテナンスグッズ5選 「それ“部屋着”じゃない?」と言われない大人が実践する、休日スウェットパンツ3原則 【OCEANS6月号 発売】大公開! さらりとシャレたあの人の、春服の秘密146 【定期購読で10%OFF】まさかの「オーシャンズ」特製新米を発売!「コラボマーケット」5月23日まで! オッサンこそ似合う、注目の春アウター“ジャンパー”。シルエットで楽しむ上級テクを紹介!
2017年6月号特集
2017年6月号特集 / FEATURE