http://oceans.tokyo.jp/2017-0430-1/

楽しむためのヒント付き! 春のイチ推し“休日セットアップ”

このエントリーをはてなブックマークに追加

上下が同生地とてスーツにあらず。休日仕様のセットアップは、コーディネイトに悩まずさらりとキマる、究極的オッサン想いの服だ。さらに今、バリエーションも豊富に揃うから好みのものを選びやすいメリットも。さて、どう選ぼうか?


ヒント1: いつでも“クール”でいられる機能で選ぶ

“堅苦しそう”とセットアップを敬遠するなかれ。同じく揃いであるスーツを連想しがちだが、むしろその“揃い”こそ、コーデ不要でキマる利点だ。素材やカッティングなどの機能面を重視し、快適&格好いい=“クール”な着こなしが実現できる。

ジャケット6万円、パンツ3万円/ともにテアトラ(ロスコ http://teatora.jp)、ニット2万8000円/エイチ ビューティ& ユース 03-6438-5230、スニーカー1万8000円/ナイキ スポーツウェア(ナイキ 0120-6453-77)、手に持ったメガネ5万9000円、クリップオン1万4000円/ともにバートン ペレイラ(リエート 03-5413-5333)

機能的な服で名を馳せるテアトラの1着は、軽量なナイロン素材を立体的に縫製、イージーウエストと相まって最高のリラックス感を演出。ビタミンカラーのカシミヤニットをインして、その恩恵をしっかり享受した。


ジャケット1万9000円、パンツ1万2000円/ともにビューティ& ユース(ビューティ& ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店 03-5428-1893)、ポロシャツ2万7000円/ジョンスメドレー(リーミルズ エージェンシー 03-3473-7007)、腕時計55万5000円/タグ・ホイヤー 03-5635-7054

湿気が気になる季節は、生地のヨレやムレが気になるところ。そこで、通気性に特化した素材を使い、さらりと快適な着心地を約束してくれる一着を。こちらは、リネンを模した高機能素材、東レ「リランチェ」を使用。ドライタッチで快適なのに、エレガントな見た目も共存している。


ジャケット7万2000円、パンツ3万5000円/ともにストーンアイランド(トヨダトレーディング プレスルーム 03-5350-5567)、Tシャツ1万1000円/タケオキクチ 03-6324-2642、スニーカー7990円/アディダス ネオ(アディダスグループ 0570-033-033)

使い勝手のいいセットアップは、ヘビロテしたくなる。となれば“メンテナンスのしやすさ”もポイント。「テラ パラシュートストレッチ」なる生地を使ったこちらは、丈夫かつ軽量。さらに洗濯機で洗えて、簡単に清潔感をキープできる。立体裁断のパンツのはき心地も快適だ。


ジャケット3万2000円、パンツ2万円/ともにデサント ポーズ(デサント ブラン代官山店 03-6416-5989)、Tシャツ1万4000円/マイ ストーリー(アマン 03-6805-0527)、スニーカー1万4000円/ナイキ スポーツウェア(ナイキ 0120-6453-77)

動いたときに感じるキュウクツ感は、四方向ストレッチ機能が解消。「エアリー トランスファー」を使用し、パンツのラバー製ウエストベルトも伸びる、オッサンに優しい作り。ジャストなサイジングが無理なく楽しめる。さらにその撥水性や、パッカブル仕様など、機能は多岐にわたる。


ヒント2: マジメに見えない色と柄を重視する

カジュアル絶対主義の男なら、上下揃いの“マジメ感”が少々引っかかる。だからこそ、セットアップにもっと遊び心を! と、ビジネススーツにはトゥーマッチなキャラクター性十分の色&柄モノを取り入れてみよう。

ジャケット3万8000円、パンツ2万5000円/ともにキャプテン サンシャイン(クリップ クロップ 03-5793-8588)、Tシャツ5500円/グッドウェア(ビームス 原宿 03-3470-3947)

例えば、こちらのキャプテン サンシャイン。ヴィンテージウェアに精通するデザイナー、児島晋輔さんのセンスあふれるご機嫌なマドラスチェックがツボで、シャツ生地のようなコットン素材もさらりと快適。Tシャツに合わせるだけで、思わず笑みが。


ジャケット5万4000円、パンツ2万5000円/リディアル(カイタックインターナショナル 03-5722-3684)、Tシャツ5000円/ビームス プラス(ビームス プラス 原宿 03-3746-5851)、サンダル1 万4000円/ビルケンシュトック(ベネクシー/ビルケンシュトックカスタマーサポート 0120-206-450)

なじみのあるデニムも、セットアップなら鮮度満点。オレンジ、ミントグリーン、ブルーからなるマルチボーダーをインすれば、レトロサーフな風情が漂ってくる。ハンパ丈&サンダルを合わせて、ヌケ感をプラスすればできあがりだ。


ジャケット4万9000円、パンツ1万9000円/ともにブルックス ブラザーズ レッドフリース(ブルックス ブラザーズ ジャパン 0120-185-718)、パーカ6900円/カルベリーズ(トップウィンジャパン ショールーム 03-3406-6001)、スニーカー5500円/ヴァンズ(ヴァンズ ジャパン 03-3476-5624)、サングラス2万9000円/オークリー(ミラリ ジャパン 03-3514-2950)

トラッドなシアサッカーのセットアップに合わせたのは、真っ赤なヴァンズのオールドスクール。パイル地のフーディ&ミラーサングラスを加えて個性を全開にしながらも、それがチャカついて見えないのはセットアップだから。

セットアップはカタくない、コワくない。むしろ、さらりと着心地が良くて、格好良くて、すべてのオッサンに優しいのだ。お気に入りのセットアップを身に纏って、最高の休日を過ごそう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
ジャケット , セットアップ , 休日
「それ“部屋着”じゃない?」と言われない大人が実践する、休日スウェットパンツ3原則
2017.04.01
オッサンこそ似合う、注目の春アウター“ジャンパー”。シルエットで楽しむ上級テクを紹介!
2017.02.13
オッサンの公園デビューをスムーズにする、3つの「するだけ」とは?
2017.03.23
きちんと見えて実は手抜き。“セットアップ”で休日パパの理想コーデ。
2017.03.30
サングラス、帽子、アクセサリー。「去年と同じの」を使ってるオジサンって、大丈夫?
2017.04.28
2017年6月号特集
2017年6月号特集 / FEATURE