http://oceans.tokyo.jp/2017-0427-2/

気になる男のシャツイン。「おぼっちゃまくん」にならないための大事なヒント

このエントリーをはてなブックマークに追加

カーディガンなどの羽織ものもいらなくなり、シャツが主役になるシーズン。今年はその裾をパンツに入れる“タックイン”が街角を賑わせている様子。でも、シャツを入れるなんて“おぼっちゃま”みたいにならない? 休日に欲しいリラックス感はどうやって出す? 肝心のシャツのサイズは? 尽きない疑問に応える、シャツのこなれたタックインの方法論。


まずはシャツのサイジング。目安は、肩線が少し落ちるくらいの大きめがいい。そしてボタンを開けて、少し肩を抜いて着る。ちょっとしたテクニックとしては、フロントの裾だけを入れて、バックは出したまま。これは女性がよくやるワザだけど、オッサンにもかなり有効。

シャツ2万3000円/ザ ナーディーズ(ビン 03-6416-0634)、パンツ1万7000円/ハリウッド ランチ マーケット 03-3463-5668、ベルト9000円/ホワイトハウスコックス(グリフィンインターナショナル 03-5754-3561)、サンダル2万6000円/アナテック(ジャーナル スタンダード 渋谷店 03-5457-0700)
シャツ1万1000円/ブルックス ブラザーズ(ブルックス ブラザーズ ジャパン 0120-185-718)、パンツ1万9000円/ヤエカ(ヤエカ アパートメント ストア 03-5708-5586)、サングラス4万5000円/ネイティブ サンズ(ボンド アイウェア 03-6804-3863)、ベルト1万6000円/ロンハーマン 03-3402-6839、サンダル4万2000円/トリッペン(トリッペン原宿店 03-5350-5567)


そしてデニムにタックインするなら、デニムはノーベルトで。この「気にしてませんよ」感が、丁度いいリラックス感に直結するのだ。シャツもリネンなど、風合いのある素材を選ぶのがポイントだ。

シャツ2万2000円/ギットマン ヴィンテージ(ユナイテッドアローズ 原宿本店 メンズ館 03-3479-8180)、デニム1万3000円/リーバイス(リーバイ・ストラウス ジャパン 0120-099-501)、靴3万8000円/ソロヴェアー(ユナイテッドアローズ 原宿本店 メンズ館 03-3479-8180)、メガネ1万2000円/ヒッツビル(G.B.ガファス 03-6427-6989) 
シャツ3万3000円/マディソンブルー(エディフィス 渋谷 03-3400-2931)、デニム1万4000円/ブランク(林五 03-6452-2177)、腕時計66万円/ブライトリング(ブライトリング・ジャパン 03-3436-0011)、靴6万6000円/パラブーツ(パラブーツ青山店 03-5766-6688)


ちなみに、タックインが似合うシャツは“洗いざらし”が格好いいという共通点もある。つまり、わざわざアイロンをかけなくてもOKで、むしろかけないほうが雰囲気が出るというわけだ。シャンブレーシャツなんてその代表。汗をかいたらきっちり洗って、清潔感満点に着こなせば、初夏のお洒落な“シャツいち”の完成だ。

シャツ1万5800円/オアスロウ(ビームス 原宿 03-3470-3947)、パンツ1万7000円/ブルー ブルー 03-3715-0281、ネックレス(上)8800円/モホーク、(下)4800円/ガイジンメイド(ともにハリウッド ランチ マーケット 03-3463-5668)、メガネ2万9000円/エフェクター(オプティカルテーラー クレイドル 青山店 03-6418-0577)、ベルト5800円/ビームス プラス(ビームス プラス 原宿 03-3746-5851)、ヴィンテージのスニーカー5800円/ネペンテス 03-3400-7227


※紹介している商品は、現在は販売されていない可能性があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
tips , シャツ , 春夏
いざ上品リラックスなオッサン。大ぶりシャツひとつで実現可!
2017.09.12
「アイスブレーカー」が起こす “定番服の快適革命”がスゴい!
2017.08.25
停滞気味なスタイルが見違える! 使えるデニムとその着こなし
2017.08.24
【定期購読で10%OFF】禁じ手、伝説、青田買い……。限定&別注10アイテムが手に入るのは9月22日まで!
2017.08.24