http://oceans.tokyo.jp/2017-0420-4/

オトコが嫌いになれない「イロバナシ」をしよう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

一般に色話と言えば男女の話を指すが、今回は”乗り物”選びにおけるイロバナシ。色をテーマにした特別なクルマと自転車を紹介したい。

まずは特別なクルマから。
①は「ダイアモンドブラッククリスタル」、②は「ブルー マルセイユ M」という、通常は選べない限定色を設定しているのだ。走りや燃費や安全性で選ぶのもいい。でも「色でクルマを選ぶ」って、原初的でピュアな欲求だと思わない?

①「ジープ」のグランドチェロキー

内装まで真っ黒なのは、上位グレードのエアサスやバックカメラなどを装備した、200台限定の”グランドチェロキー アルティテュード”(513万円)。

②「ルノー」のカングー クルール

海男のイメージにぴったりの真っ青な外装が目を引く、限定100台の”カングー クルール”(247万円〜)だ。


続いては名作が蘇ったコチラ。
BMXのルーツである米シュウィン社のクルーザー「スティングレイ」。1963年に登場し、アメリカで大流行したこの自転車は、当時のサーファーたちもこよなく愛したモデル。そしていつしか「ビーチクルーザー」と呼ばれるようになったのだ。で、その名作が復刻。’60〜’70年代当時の人気色だったレッドとイエローの2色を用意した。

③「シュウィン」の自転車


4万8000円/シュウィン(マルイ 078-451-2742)

ハイライズのハンドルバー、バナナシートにスプリンガーフォーク、そしてレーシングスリックタイヤなど、往年のディテールをきめ細かく再現。出色の出来栄えとの噂だ。ヴィンテージを探している方もいると思うが、この出来ならこちらで十分満足できるはず。

このエントリーをはてなブックマークに追加
クルマ , 自転車 ,
見た目は自転車、中身はバイク。男心を刺激する「次世代モビリティ」
2017.08.21 / NEWS
リクエスト別にご提案!アツい“心臓”を持つクルマ10選
2017.06.13
跳ね馬×ウブロ! クルマ好きが憧れるコラボウォッチの奥深い世界
2017.05.08
2017年5月号特集
2017年5月号特集 / FEATURE