http://oceans.tokyo.jp/2017-0414-1/

ブルックス ブラザーズのジャケットは37.5歳の日常にどう馴染むのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

PREMIUM BRAND × DAILY STYLE
BROOKS BROTHERS -ブルックス ブラザーズ-
最上級&最先端のファッションとアナタの距離がグッと縮まるフォトストーリー。
ワンブランドで作る37.5歳に似合うプレミアム&デイリースタイル。

通気性に優れ、シワがつきにくく、ストレッチが利いている。高温多湿な日本のために開発されたウール「ブルックスクール」。生産は今季から、イタリアの生地メーカー「レダ」社が手掛けるようになった。名門同士のタッグが、日本人のスーツ姿をクールに変える。

スーツ8万9000円、シャツ1万9000円、タイ1万2000円、靴8万9000円、ベルト1万4000円/すべてブルックス ブラザーズ(ブルックス ブラザーズ ジャパン)

「マディソン」と呼ばれるボックスシルエットの紺ブレは、ブランドの中でもオーセンティックなアイテム。これが自然体で着られるようになったら、男は“一人前”と呼べるのかもしれない。通気性に優れるトロピカルウールを使った快適仕様の一着は、そのゴールを少しだけ近づけてくれる。

ブレザー6万9000円、パンツ2万2000円、ポロシャツ1万8000円、靴8万9000円、ベルト1万4000円/すべてブルックス ブラザーズ(ブルックス ブラザーズ ジャパン)

ネイビースーツにネイビータイ、ストレートチップの短靴。実にソリッドなスーツスタイルは、ナローラペルと高めに設定したゴージがシャープさを際立て、いっそう端正な顔つきに。そして、着こなしの表情を豊かにするバーズアイ。ダンディズムの理想形である。

スーツ9万900円、シャツ1万9000円、タイ1万2000円、靴5万6000円/すべてブルックス ブラザーズ(ブルックス ブラザーズ ジャパン)

海などの自然を多く描いたウィンズロー・ホーマーというアメリカ人画家に着想を得た今季、ブルーは重要なカラーパレットとなった。それを感じさせる、ストレッチシャンブレーのジャケットとネイビーパンツの組み合わせ。Vゾーンからは鹿の子のポロシャツを、足元にはホワイトソックスを覗かせてスポーティに演出した。

ジャケット5万9000円、パンツ1万3000円、ポロシャツ9000円、靴8万9000円/すべてブルックス ブラザーズ(ブルックス ブラザーズ ジャパン)

古くはジョン・F・ケネディが愛用したことでも知られるブルックスのシアサッカースーツを、現代的にモディファイしたのが「リージェントフィット」のこちらである。コンパクトになったシルエットと華やかな素材感が絶妙なハーモニーを奏でる、男のサマードレス。黒で引き締めて、とことんキザに着るのも乙である。

スーツ6万4000円、ポロシャツ9000円、ベルト1万4000円、靴7万9000円/すべてブルックス ブラザーズ(ブルックス ブラザーズ ジャパン)

日を浴びるとひと際輝くベージュのコットンスーツには、カジュアルとエレガンスが同居する。それを何でもない日に身に纏う。紳士服のルールなんて気にしない。まだ寒さが気になるなら、肩からニットを掛けるくらい無造作なほうが、格好いい。

スーツ7万4000円、ポロシャツ9000円、靴7万9000円、肩に掛けたニット1万4000円/すべてブルックス ブラザーズ(ブルックス ブラザーズ ジャパン)

ブルックス ブラザーズ ジャパン
0120-185-718

松本直也=写真 山田陵太=スタイリング AMANO=ヘアメイク

このエントリーをはてなブックマークに追加
こだわり , ジャケット
楽しむためのヒント付き! 春のイチ推し“休日セットアップ” 37.5 歳からの私服とジミー・チュウ 満開の桜とジル・サンダー、ミニマルでエレガントな世界 デニム&Tシャツに、プラス1。ワンツーコーデで洒落て見える人、そうでない人。 もはやトレンドを超越。熊谷隆志の私的ブランド「ネサーンス」が今着たい。
2017年5月号特集
2017年5月号特集 / FEATURE