http://oceans.tokyo.jp/2017-0319-1/

これは住みたい!ゆるくて心地良い“職住一体”な家

このエントリーをはてなブックマークに追加

1階がお店、2階が住居という店舗併用住宅は、ひと昔前には多く見られたものだ。それがライフスタイルや社会の変化とともに珍しくなった。しかし時代は巡るもの。近藤剛さんの“仕事場兼自宅”を見れば、生活の場だけにはとどまらない家のあり方に、強い魅力を感じるはずだ。

「OH! 家事情」を最初から読む

例えば、オンとオフを明確に切り分けない生活スタイル。焙煎機が置かれたカフェ「ファインタイム・コーヒー・ロースターズ」と近藤邸の入り口は別々だが、その2つを隔てるのは1枚の引き戸のみで、剛さんは普段から自由に行き来する。「自宅と仕事場が一緒だと、閉店後の片付けを後回しにして、家族で夕食をとったり、息子をお風呂に入れたりできます。融通が利いて便利なんです」と剛さんは言う。

近藤邸は、築50年の木造住宅をカフェ+住居にリノベーションしたもの。2階にはプライベート空間が広がる。新旧織り混ざった柱や梁がアクセント。トップライトは、明かり取りのガラスの吹き抜け棚を通じて1階のカフェへ。

吹き抜けは、2階で過ごす妻の祐子さんにも心地良い効果をもたらしている。
「子供とふたりきりだとストレスを感じるかもしれませんが、ここはカフェの音楽や話し声が伝わってきて、適度に気が紛れていいんです。何かあれば夫をすぐに呼べますしね」

かつて会社員だった剛さんは、50歳を前に退職。音楽やアートが好きで、面白い人が集うカフェを開こうと思っていた。

「カフェの上に住むのもいいんじゃない?」
職住一体の家の誕生は、店舗のリサーチ中に付き合い始めた祐子さんの言葉がきっかけだった。数ある物件を見て回った末、剛さんは“同い年”の中古の木造住宅を購入。旧法借地権付きの中古の戸建て物件をリノベーションし、店舗併用住宅とした。店舗を別に借りずに済むので、コストは低く抑えられた。剛さんは「駅から近いわりには落ち着いていて住むにもいい。家の佇まいに味わいがある」と気に入っている。

こうして手に入れた、職住がボーダーレスにつながる住宅。そこには、仕事をしながらでも常に家族とのつながりが感じられる、穏やかな空気が漂っていた。

住居の玄関土間スペースはカフェと引き戸1枚で仕切られているだけで簡単に行き来が可能。階段を上がればくつろぎの私的空間へアクセスできる。

1階の奥にはテーブル席を置いた多目的スペースが広がる。外にも出られ、陽だまりの心地良さを感じながらコーヒーを味わえる。

正面右がカフェの、左が住居の出入り口。煙突は焙煎機とつながる。アプローチの壁面にはテラス席代わりのベンチを設けた。

カフェはエントランスを入って右の壁側にカウンター席、左手にグラインダーなどの機器が並ぶ厨房という構成。

店内には約400万円した焙煎機が鎮座。「いい豆ほど、浅煎りで味の差が出る」とは剛さん。

ガラスを配した吹き抜け棚は、1階の採光をより良くする。お気に入りのインテリアもディスプレイ。


【近藤さんのお家データ】

◆間取り
建物は南北に細長く、1階はカフェ、2階は住居として使用。両者の出入り口は分けて設置し、東側の土間空間を通じ2階と行き来する。1階の多目的スペースは南に面しているため採光が抜群で、人気の席となっている。

◆建築概要
竣工:2016年(リノベーション)
構造・規模:木造・2階建て
敷地面積:145平米(43.86坪)
建築面積:57平米(17.24坪)
延床面積:101平米(30.55坪)
設計:成瀬・猪熊建築設計事務所
企画・プロデュース:リビタ www.rebita.co.jp

【家主さんのプロフィール】

近藤 剛さん(52歳)、祐子さん、吏貢くん(6カ月)
企業人として長年にわたり財務関係を歩んできた剛さんと、かつて同僚だった祐子さん。長男の吏貢くんはカフェをオープンした翌月に誕生。子供がふたりいるような愛情あふれる暮らしを営む。

永禮 賢=写真

次回を読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
OH!家事情 , マイホーム ,
クローゼット不要説とは? むしろスッキリな、“収納ゼロ”という家
2017.06.05 / OH! 家事情
低予算で自由に家をデザイン。「コンバージョン」がスゴい!
2017.05.02
メリットだらけの“明るい”2世帯住宅で嫁・姑も笑顔に。
2017.04.12 / OH! 家事情
10坪でもガレージとアトリエが持てる! 狭くて広い理想の家
2017.02.12 / OH! 家事情
2017年4月号特集
2017年4月号特集 / FEATURE