http://oceans.tokyo.jp/2017-0317-03/

脱・三日坊主。アディダスが目指す、これからのカラダつくりのカタチとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

去る2月11日(土)〜12日(日)の2日間、キックボクシングやヨガ、そして今話題のフィールサイクルなどのトレーニング6種目が一度に体験できるイベント、「アディダス トレーニング ゾーン」が東京タワーの下に作られた特設スタジオにて開催され、フィットネスやトレーニングなどの“カラダ作り”に関するアディダスの新たなコンセプトが発表された。

こちらには、GENERATIONS from EXILE TRIBEをはじめ、テニスの伊達公子選手やボクシングの井岡一翔選手など、アディダスと契約するアーティストやスポーツ選手、トレーナーが登場。トークショーではそれぞれのトレーニングに関する考え方やポイントを発表し、2日間で約1700人が来場した。

ちなみに、アディダスが掲げる新たなコンセプトとは、「NEVER DONE」。何ごとにも「やり切った」という終わりはないという意味の英語で、トレーニングにも自分自身にも常に新たなステージや発見があるというメッセージが込められている。また、トレーニングに対してありがちな「やらなきゃ」という義務感にとらわれず、「やりたい!」という思いを持って楽しんで取り組めることが今後のトレーニングにおける新常識になるという、アディダスが目指す方向性の発表も行われた。 選手やトレーナーのトークショーでも、「汗をかくことや体がほぐれること自体を楽しむ」「壁にぶつかったら、これまでと全く違う方法を取り入れてみる」など、トレーニングを継続するためのポイントが語られた。 今後、トレーニングを楽しみながら継続していくためのさまざまなコンテンツやアイテムの提案を行って行くという。「今年こそは」と思ったすべてのオッサンよ、アディダスから目を離すな!

[問い合わせ]
アディダスグループお客様窓口
0570-033-033

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュース
今、絶対にチェックすべき「トーキョー的カリフォルニア」な服 4月29日は、ロンハーマン千駄ヶ谷店の駐車場でひと足早い海祭り! ジョルジオ・アルマーニが自分のスーツを着せたかった男、俳優・西島秀俊 「腕時計」好きなら知っておきたい。服との着こなし、合わせ方 注目のネイティブジュエリーブランド「コディ サンダーソン」がポップアップショップをオープン