http://oceans.tokyo.jp/2017-0220-01/

山本耀司、熊谷隆志らファッション界のマイスター4名が作る「自分が着たい服」とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加

ファッションデザイナーが「仕事」としてその流行を作ってきたのであれば、もしかしたら彼らの究極の夢は、ややこしいしがらみも何も気にせず、「自分が着たい服」を作ることなんじゃないか!? ここに紹介する服は、業界の第一線で活躍する大人の男が作る服。豊かな感性や鋭いセンスをよりピュアに、エゴイスティックに表現した、ちょっと味わい深いワードローブだ。


REGULATION YOHJI YAMAMOTO
「レギュレーション ヨウジヤマモト」のジャケット&パンツ

ジャケット8万6000円、パンツ4万6000円/ともにヨウジヤマモト(ヨウジヤマモト プレスルーム 03-5463-1500)

なんと!“世界のヨウジ”こと山本耀司さんも「自分が着たい」を作っている。彼が好む「制服」をテーマにクリエイションされるワードローブはモード過ぎず、リラックス感があって、やっぱり黒い。



NAISSANCE
「ネサーンス」のセットアップ

ジャケット3万7000円、ショーツ1万9000円/ともにレイク・タホ(03-5708-5757)

オーシャンズでもおなじみのスタイリスト熊谷隆志さんのプライベートブランドは、「大人が気持ち良く着られる」を意識。1枚でさらっと着てキマる、こんなセットアップがその好例だ。



THE SHEPHERD UNDERCOVER
「ザ・シェパード アンダーカバー」のジャケット&シャツ

ジャケット9万円、シャツ3万2000円/ともにアンダーカバー(03-3407-1232)

アンダーカバーのデザイナー、高橋盾さんが「今着たい」をテーマに作る。胸につくトレードマークは羊だ。チェックの使い方や4つボタンのジャケットなど、どこかパンクでクールなデザインが特徴。



DESCENDANT
「ディセンダント」のシャツ

2万円/ディセンダント ショップ(03-5784-0314)

ディレクターの西山徹さんは、東京ファッションシーンの中心人物として必ず名前が挙がるスタイルに満ちた人。そんなクールな人が手掛ける服のアイコンは意外にもクジラ。それが背中に施された新作シャツは、海好きな人の心も捉えた。



彼らが影響を受けたカルチャーやエピソードが盛り込まれた服は、着る楽しさに加え、本を読むかのような知的な楽しさすらある。いずれにせよ、その人に共感や興味があれば、ファンになって袖を通してみてほしい。ただ流行を追うよりも骨太な喜びが、そこにはあるはずだから。

このエントリーをはてなブックマークに追加
こだわり , ジャケット , シャツ , セットアップ
伝統あるアメリカントラッドの雄、ブルックスブラザーズを日常着に
2017.11.11
味のある服を着て、老けた40代にならないコツ
2017.10.27
お洒落なシャツスタイルの近道は「ヌケ感」。その秘密の30秒レシピを公開! 〜ONE MORE MOVE #003〜
2017.10.21
30秒でシャツ姿を格好良く! ニュアンスたっぷりな「袖の捲り方」 〜ONE MORE MOVE #001〜
2017.10.12
2017年3月号特集
2017年3月号特集 / FEATURE