http://oceans.tokyo.jp/2017-0218-2/

実は今、「父子ペアルック」がアツい!? 着こなしのキーワードは“リンクコーデ”にあった

このエントリーをはてなブックマークに追加

子供との「ペアルック」って、お母さんがするものだと思ってない? でも、そうやって“母親限定”にしておくのって実はもったいない。世の中には、休日の「父子ペアルック」を格好良く楽しむオトーチャンが増えているのだ。
彼らが大切にしているのはひと目でペアだとわからなくても、共通のアイテムでゆるくリンクさせること。そんな「リンクコーデ」の、3つのパターンを見てみよう。


その1「色でリンク」。

コート/ジル・サンダー ※2017年3月号掲載。

たとえば自分のお気に入りのコーディネイトの色に、子供も合わせてみる。アウターだけだったり、パンツと靴だけ合わせたりと、ライトなリンクでもキマるはず。


その2「柄でリンク」。

シャツ/H&M、Tシャツ/無印良品、パンツ/H&M、スニーカー/コンバース、メガネ/ジンズ ※2016年9月号掲載。

ボーダーやチェックなど、柄を合わせるのもナイス。色や柄のパターンが多少違うような、ラフなリンクでもOK。さりげない主張でもほら、このとおり。


その3「アイテムでリンク」。

コート/イエーガー、デニム/トップマン ※2017年1月号掲載。

これも簡単。たとえばデニムやカーディガンなど、同ジャンルのアイテムでコーディネイトするだけ。また、同じブランドの服でリンクさせれば、まとまりの良さだけでなく気持ちまでアガるはず。


うまく着こなせていれば子供が受ける印象も良くなるし、結果的に「あの子のパパってお洒落」、「あの親子、センスいい」という評判につながるってもの。

親子のペアルック。やっぱり、オカーチャンだけのものにしておいてはもったいない。

このエントリーをはてなブックマークに追加
カジュアル , デニム , パパ , ボーダー , リンクコーデ , 休日 , 親子
’80年代のファッション的流行語「シルバータブ」と「アナデジ」が帰ってきた!
2017.08.21
『FDMTL』のポップアップストアが伊勢丹新宿店にオープン
2017.08.11
保育園の送りがある共働き家庭で、パパが朝やってはいけないこと
2017.07.13 / 「自己評価の高いパパ」と「いつも何かが不満なママ」
「自己評価の高いパパ」と「いつも何かに不満なママ」、すれ違いはなぜ起こる?
2017.07.06 / 「自己評価の高いパパ」と「いつも何かが不満なママ」
2017年3月号特集
2017年3月号特集 / FEATURE