http://oceans.tokyo.jp/2017-0123-31/

【限定販売】デニムに似合う!OCEANS仕様の「チャン ルー」ブレス、スペシャル別注

このエントリーをはてなブックマークに追加

いつだって男心を惹き付けるアメリカンカルチャー。その象徴でもあるデニムに似合うブレスレットが欲しい!そんなオーシャンズのワガママをLA発のチャン ルーが形にすることで生まれた2型のブレスレット。天然石を使ったアクセサリーをメンズに定着させた立役者らしいユニークなデザインは、それぞれ味わい深いブラウンと上品なネイビー、シックなブラックの3色が揃う。本誌発売と同時にリリースされるスペシャル別注ブレス、その実力をご覧あれ!

アメカジの〝3大要素〞をミックスした「ラップブレス」

ブランドを代表する3連ブレスレットをアレンジ。上のシードビーズ部分はネイティブ柄に着
想を得た意匠で、シルバーの繊細なチェーンをボール状にカットした天然石と挟む。ちなみに天然石は、1にはターコイズを、2にはピクチャージャスパー、3にはマットオニキスを使用する。アメカジ好きに馴染みのある3大要素が一気に手に入るこちらは、多彩な表情で豊かな手元を演出してくれる。

各2万3000円/チャン ルー(チャン ルー ジャパン)

ネイティブ柄をビーズで表現した「シードビーズブレス」

幅約1 ㎝のフラットタイプは、上のラップブレスのビーズ部分と同様にネイティブパターンをイメージソースとしたもの。繊細なシードビーズを職人が手で組んでいくため、ところどころ不揃いなのが味わい深い。その両側をつなぐのはレザーコードで、使い込むことで手に馴染み、風合いも増していく。随所にクラフツマンシップが感じられる逸品だ。

各9000円/チャン ルー(チャン ルー ジャパン)

3色のスペシャル別注ブレスを3色のデニムに合わせてみた

デニムの色合いが変われば、そこに添えるアクセサリーの見え方だって変わってくる。
トーンの違う3つのデニムとブレスのマッチングサンプル、あなたのデニムスタイルに似合うのはどれだ?

1.ライトブルーのデニム
「ブラウンのラップブレスが引き立てるデニムの武骨さ」

シャツ2万6000円/ベドウィン & ザ ハートブレイカーズ、デニム1万8000円/リーバイス(リーバイ・ストラウス ジャパン)、スニーカー1万1000円/コンバース×ビームス(ビームス 原宿)

自然に色落ちしたブルージーンズには、同じく味の出やすいブラウンレザーのラップブレスがおすすめ。ボール状にカットしたターコイズや水色のシードビーズ、シルバーのチェーンが、ワイルドなデニムスタイルと見事に調和する。


ラップブレスとシードビーズブレスの重ね着けも。


今回別注した2型を組み合わせると、チャン ルーの持ち味である色柄の多彩さはさらに際立つ。武骨なデニムスタイルなら、こんなふうにボリュームを持たせるのも格好いい。

2.濃度の高いデニム
「ネイビーのシードビーズブレスで、悪目立ちさせず、主張も忘れず」

Gジャン2万8600円/オアスロウ(ビームス 原宿)、ニット3万2000円/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー)、パンツ2万7000円/サイベーシックス(マスターピースショールーム)、靴6万7000円/パラブーツ(パラブーツ青山店)

ネイビーのレザーを基調にしたダークトーンでまとめた1本は、落ち着きのある濃いブルーのデニムと好相性。ベーシックなスタイルも、さりげなく柄を利かせることで新鮮さがグッと増す。


ラップブレスとシードビーズブレスの重ね着けも。

バングル6万1000円/チャン ルー(チャン ルー ジャパン)

特徴的なフラットな形状は、ネイティブ感の強いシルバーバングルとも好相性。一本使いとは違った表情を見せるのが楽しい。

3.ブラックデニム
「モノトーンのデニムスタイルにはモノトーンの1本を」

ニット4万2000円/スカリオーネ(ビームスF新宿)、デニム3万円/ A G(エージー ジャパン)、スニーカー1万4990円/アディダス(ビームス 原宿)

オールブラックの都会的なデニムスタイルには、手元もモノトーン主体でスッキリと。黒×グレー×白の濃淡で深みを持たせつつ、ブレスの中央に利かせたターコイズブルーが程良いアクセントに。


黒のラップブレスならデニムじゃない日にも。

スーツ14万3000円/ラルディーニ、タイ1万3000円/エリコフォルミコラ(ともにエストネーション)、シャツ2万3000円/オリアン(ビームスF 新宿)、腕時計86万円/ブライトリング(ブライトリング・ジャパン)


ラップブレスはターコイズの挿し色も排してよりストイックな顔立ち。だから、タイドアップの日にも違和感なく取り入れられる。オンの着こなしの遊びに最適だ。

【問い合わせ】
チャン ルー ジャパン
TEL:03-6455-4707
URL:www.chanluu.jp/20th/

清水健吾=写真 星 光彦=スタイリング MASAYUKI(The VOICE)=ヘアメイク

このエントリーをはてなブックマークに追加
アクセサリー , デニム , ブレスレット
違いを知る大人のためのアウター「ケープハイツ」の魅力を知る
2017.01.23
【今なら50%オフ!】雑誌OCEANSは定期購読をゼッタイおすすめしたいワケ
2017.01.24
30秒でデニム姿を格好良くする「味のあるロールアップ」テクニック 〜ONE MORE MOVE #002〜
2017.10.18
これは惚れ直す!作り手たちに聞く、デニムというモノの面白さ
2017.10.17
2017年1月号特集
2017年1月号特集 / FEATURE